2019「子育てのつどい はぐみぃ」10月通信

10月のはぐみぃは、スタッフ田村さんのお嬢さんが折り紙で作ってくれた

ハロウィンで受付を飾りつけ。お母さんたちが興味深々。

 

10月も絵具を楽しむ、ちびっ子画伯が大勢いました。

色づかい、筆づかいに表れる個性、全身で思いを表現していました。


ことはちゃんは3回目の絵具遊び、だんだん慣れて筆遣いも大胆に。

 


みれいちゃんは、「あか」「しゅしゅ」と言いながら力強いなぐり書き。

 


さくちゃんも手についた絵具を気にしながらも、笑顔で楽しんでいました。

 


センターの中庭の落ち葉を拾って飾り付けた落書き帳の前で、

ちいさなお友だちにそっとどんぐりを手渡して秋の実りのおすそ分け

 

 


スタッフがペットボトルで作成したボール転がしの手作りおもちゃ。

ママといっしょにボールを入れて…


うまく転がって拍手!「みてみて、すごいでしょ」とでも言いたげに周りにも拍手を求めて。


と思ったら、ママの膝の上に仰向けになって大きなあくび、

いっぱい遊んで満足して眠くなっちゃったね。

刻々と変わる子どもの心模様を見ているだけでほっこりします。

 


昨年、スタッフの松浦さんが千葉の森から拾ってきてくれたどんぐり。大事にストックして

今年も使っています!小さなペットボトルに入れて、音のなるおもちゃを家族で作成中。

ちびちゃんは、お口でもぐもぐ感触遊び。

 


チーターのぬいぐるみをライオンキングのシンバに見立て、

チェーンリングを首に巻いてお散歩中。

シンバが倒れて引きずられちゃっていますよ、がくくん。

 


宮本先生も赤ちゃんパワーに引き寄せられて…パワーをいただいています。

 


はぐみぃ終了後、教員とスタッフ、学生さんが参加して振り返りを行います。

環境設定の仕方や、自分のかかわり方、親子さんの様子など、自分の気づきをみんなで共有

して、次の活動に生かしています。

 

明日の自主映画上映会の様子は、後日、アップいたします。

(文責:加藤保奈美)

2019年10月28日