2019「子育てのつどい はぐみぃ」5月通信

風薫る5月、半蔵門から続く大妻通りには
色とりどりのころんとした紫陽花がかわいらしく咲き始めました。

5月のはぐみぃは、保育学会の玩具展示場にて見つけた
幼児も使える絵筆を使って、はじめて絵具遊びに挑戦!

 


取っ手がころりと丸くて、絵筆が長~い。

はぐみぃっ子たちに筆の柔らかい感触や、
水彩で思うままに表現すること、色が混ざり合うおもしろさなどを
体験してもらえたらいいな。

 

 


最初はためらいがちに慎重に絵筆を扱っていたけいごくん。

何枚か描いたあと、やっぱり…はじまった手へのペインティング!
ママも「ああ~」とあんぐり。

 

 


そして、ペタペタと手形のスタンプ。

緑と黄色が混ざり合って新緑の葉っぱみたいできれい。

 

 


あやかちゃんは大胆に、のびのびと絵筆を走らせます。

 

 


5月からスタッフに入られた元助手さんの田村祥子さん。

やさしい眼差しであやかちゃんの好奇心を満たしていきます。

 

 


ちよちゃんも身体を乗り出して、お姉さんたちのお絵かきに興味深々。

あやちゃんは、描くことよりも絵具をスプーンで混ぜることに夢中。
どんどん遊びが変わっていく様がおもしろい。

 

 


さきちゃんは、淡々と点々を打ち続けます。

傍らで見ていたママが「さきは、点描画伯ね」とつぶやきます。

 

 


5月は来室者が少なかったため、プレイルームを広く使って
車遊びを満喫する男子の姿がみられました。

レオくんは、院生たちの力も借りて、立体的に組み立てる
おもしろさに目覚め、集中してひとつの遊びを続けていました。

 

 


しゅんのすけくんとりくとくんは、マイペースに、ときに
絡み合いながら電車遊びを展開。

 

 


生後2か月のたかだいくん。やっぱり…触れたくなっちゃう。

「はんじゃぁーいって、してみようかぁ」とゆっくり腕あげ。
このあたりが腕あげ限界、ぎゅっと力を入れてくる。

 

 


しばらく身体を動かして、頭をそーっとなででいたら

大の字になって眠りのなかへ。

 

 


いつもニコニコご機嫌のちよちゃん。

鷲尾さんの手づくりおもちゃでシャカシャカ。
乳児さんでも持ちやすいペットボトルはR1だそう。

 

 


こちらも人とかかわることが大好きなしょうせいくん。

スタッフと学生さんの絵本におびき寄せられ本棚をくぐれるか⁈
乳児さんにとって、この関所は難所のようで、ママでないと
ぐぐってこない!

 

来室する親子が少ないときは、少ないときならではの遊びを
スタッフで考え、あそびの仕掛けを試してみる。

実際に、「やっぱり、そうしたかぁー」と想定内の出来事もあれば、
「そうきたかぁー」と想定外のこともあって、こどもたちの豊かな
発想に触発されて、おとなのユーモアの扉が開いていく。
そんなやりとりがはぐみぃでは生まれています。

 

(文責:加藤奈保美)

2019年6月10日