2019「子育てのつどい はぐみぃ」1月通信

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
新年はじめのはぐみぃは、15組の親子さん、18名のお子さんがいらっしゃいました。
2組が新規の乳児さん親子、2組ともお友達の紹介ではぐみぃを訪ねてきてくださった
そうです。本年は、どんな親御さんとつながりが作れるのか、スタッフ一同楽しみにしています。

センターの入り口に松ぼっくりのリースを飾りました。これは、昨年末に1年生の課外授業で
清里を訪れた折、散歩の時間に松ぼっくりや木の枝を集めて作りました。自然の素材で
素朴だけれど、温かみのあるリースに仕上がったかなと自画自賛しています。

常連さんのえいとくん、手作りおもちゃでママに見守られてながらストローの出し入れを
何度も何度も繰り返して遊んでいました。

何度も出し入れをしたあと、思わずストローを口にしてチュチュー。
その愛らしい仕草にママも思わず笑顔に。

ゆうきくん、ゆりちゃん親子も常連さん、ゆうきくんは4月から入園、
はぐみぃを3月に卒業するので寂しくなります。
今回の制作は、紙皿を使った駒づくり。ふたりして、思い思いに色をさしていきます。

ゆりちゃんは、作った駒を頭の上でクルクルとまわして、さした色の変化を
じーっと眺めていました。子供の発想や見方っておもしろい!

そのあと二人は、大きな模造紙にからだをダイナミックに使ってお絵かきをはじめました。

1歳の新人ゆうとくんとめいちゃん。まるで二人で競争するようにしてボールを
入れては転がるボールを真剣に追って、またボールを穴のなかに。繰り返し繰り返しです。

めいいっぱい背伸びをして、自分で水を出して手を洗う。自分で!と意思をもって
目的を果たそうとする姿は凛としていて、静かに応援したくなります。

最近、はぐみぃの仲間になったパンダのぬいぐるみたち。
シャンシャンがモデルで生後間もないピンク色の赤ちゃんパンダは、
実際の体重に即しています。そのパンダちゃんたちを聞き手にして
絵本の読み聞かせをするちーくん。

こちらは、おじいちゃんおばあちゃんにはさまれて絵本を読んでもらっている光景が、
とてもいい雰囲気で、きっとさくらくんは幸せな子ども時代を過ごしているんだろうなと
想像してしまいます。

はぐみぃは、親や祖父母、シッターさんに見守られてながら、思い思いの時間を過ごす場。
学生やスタッフも見守り隊として参加させてもらっています。

(文責:加藤奈保美)

2019年1月17日