令和元年度「千代田区保育士養成校による地域子育て支援事業による」講演会

子どもの「育ち」の喜びを保育者と保護者間で共有するには 

~ 連絡帳やお便りを通してどう伝えるか ~ 

【会期】2020年2月15日 13:00~

【会場】 大妻女子大学 (千代田キャンパス) 本館F棟 337 教室 

【費用】無料

保護者のみなさんは、連絡帳やお便りを楽しみされていますか?

どんな連絡帳や お便りをもらった時、うれしいな…と思われますか?

また、保育者のみなさんは連 絡帳やお便りを書いていて楽しいですか?

保護者のどんな顔を楽しみに書かれてい るのでしょうか?

保育所保育指針解説には、「家庭と保育所の相互理解は、

子どもの家庭での生活と 保育所生活の連続性を確保し、

育ちを支えるために欠かせないもの」であり、その具 体的な取り組みの一つに

「子どもへの愛情や成長を喜ぶ気持ちを伝え合うこと」の重 要性が挙げられています。

「連絡帳」や「お便り」は、まさにその大切な具体的手立 ての一つになります。

では、そうした「喜び」を双方にとって感じられるための記載 への取り組みはどうすればよいのか。

今回は、こうした点を考えてみましょう。

 

講演者】 岡健(おかけん)

大妻女子大学教授。日本保育学会評議員。研究関心は、
園内研修法に関する研究、保育方法(環境構成論、遊び論、 談話分析等)に関する研究。

保育現場で保育者と一緒に実践研究を重ねる傍ら、自治体 や保育関連団体等とう
連携・協働してミドル・リーダー養成 等の人材育成事業、保育の質向上や質保障のための
ガイド ラインづくり等、幅広く保育問題に関心を寄せ研究や実践 を行っている。

2020年1月25日