平成30年度 『南会津高原で昆虫採集・標本つくりと天体観測を行う宿泊活動 2018/8.1~3

今年は、募集定員30名の枠に70名の応募がございました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
委託業者バスウェイさんによる厳正な抽選の結果、
中学生6名(男子5名・女子1名)、小学生30名(男子17名・女子13名)、
計36名の参加となりました。

今年の宿泊プログラムは、従来の昆虫採集や天体観測、太陽観察活動に加えて、
地質学がご専門の小森次郎先生にご協力いただき、地層観察も加わり、
さらに充実した学習内容となりました。

参加した子どもたちには、自然観察における研究的な視点や思考を育てる意味で
「南会津自然探検隊 研究に向けて」という、石井先生が作成されたレジュメが
配布されました。研究の進め方や、まとめ方、報告書の書き方など、
ていねいにまとめられており、子どもたちの自然科学に対する
英知がさらに深まったことと思います。

今回の宿泊活動に、ご協力いただきました講師の先生方と学生スタッフは、
以下のとおりです。

講師:
木村かおる(科学技術館)
山崎誠(むさしの自然史研究会)
篠崎潤一(港区立本村小学校)
小森次郎(帝京平成大学)
土屋直貴(墨田区立緑小学校)
石井雅幸(大妻女子大学)

学生スタッフ:
川上桃子(中央大学4年)

泉水文絵(4年) 以下、大妻女子大学児童学科
菅沼美里(3年)
小林千明(2年)
長峰保花(2年) 以上5名です。

宿泊場所:
福島県南会津郡南会津町針生字鳥井戸1250 台鞍荘

 

天候にも恵まれ、到着してすぐに虫取り網をもって昆虫採集へGO!

青く生い茂った草原のなかで昆虫探し。あっという間に時間が過ぎてゆきます。

孵化したての蝉。こんなに美しい黄緑色って知っていました?

22:30をまわっても、山崎先生の講義に子どもたちは引き込まれていました。

天体望遠鏡で見えたお月さま

夜が更けても、子どもたちは山崎先生に食いついて学びを続けます。

2日目、みんなで森のなかへ

湿地での観察開始。

深い朱色の赤とんぼ、みーつけた!

2日目の夜は、明日の地質観察に備えた小森先生による学習会

今夜もブルーシートに寝そべって、天の川と満天の星空観察。
なんとも贅沢な時間です。

いよいよ最終日。出発前に太陽観察。

塩原、木の葉石に到着

化石採集もぎ体験にみんな夢中

要害公園にて小森先生と河原の石の観察

触っても大丈夫な毛虫?模様も色も美しい!

自然科学のスペシャリストたちと過ごした3日間、きっと子どもたちの学び
スイッチを発動させてくれたことでしょう。
今年、惜しくも抽選に外れてしまった方、来年、リベンジしてみてください。

(文責・加藤 奈保美)

2018年8月22日

ドキュメンタリー映画「隣る人」の企画者、稲塚由美子さんに お会い致しました。

「隣る人」は、児童養護施設で親と暮らせない子どもたちと、
隣り合う保育士たち、再び子どもと暮らすことを願う親の姿を撮った映画。
映画に登場する施設の子どもたちは本名で顔を出しています。

それだけに、企画した稲塚さんが責任をもって映画を届けたいという思いから
DVD化はしていないとのこと。

児童養護施設と聞くと、「かわいそうな子どもたち」「大変な親たち」だから
「自分とは離れた世界のお話」と受け止められがちだが、
じつは、私たちの生活でも垣間見られる親子の姿だったり、
自分の幼少期や、母親との関係をあらためて考えさせられるテーマが
たくさん詰まった映画です。

「誰も一人では生きられない」というテーマで、
「あなたは、誰かにとって『隣る人』になれますか」と
稲塚さんは上映後に問いかけてきたそうだ。

血がつながっていてもいなくても、誰かが誰かに心を寄せよう。
いとおしい子どもといとおしい人たちの物語です。

ぜひ、センターまで足をおはこびください。

参加ご希望の方は、jirinken@ml.otsuma.ac.jpまで
タイトル【隣る人参加申込】として、お名前、ご住所、参加人数
をお知らせください。

宜しくお願い申し上げます。

加藤奈保美

2018年7月13日

H30理科支援員・野外支援員育成プログラムが始まりました!

今年は、理科支援員育成プログラム(以下、理科)には20名、
野外支援員育成プログラム(以下、野外)には10名の参加がございました。

理科は、第1回目(6/23)の石井雅幸先生によるオリエンテーション後、
第2回目(7/1)は山崎誠先生(むさしの自然塾)と石井雅幸先生といっしょに
北の丸公園を1日かけて散策して、皇居近隣の植物と昆虫の観察を行いました。

野外は、第1回目(6/25)の加藤悦雄先生によるオリエンショーションで
自己紹介をして、様々なグループワークによる関係づくりを行いました。

第3回目(6/27)は、須田真一先生(中央大学)が野外での危険な植物や虫などの対応について、
須田先生の豊富な体験から実践的な対処法をご講義いただきました。

野外は、9月に山梨県道志川にて実践的なキャンプ活動を行います

(文責・加藤奈保美)

2018年7月5日

2018「子育てのつどい はぐみぃ」7月通信

今年は、あっという間に梅雨が明けて、連日夏日が続いています。
はぐみぃに来室した子どもたちは、帽子をとると髪の毛が汗でしっとり。
乳児さんを抱いてくるママたちも、小さな湯たんぽを抱えているみたいに熱々。
はぐみぃのお部屋は涼しくて、そんな親子さんたちの熱さましになっているみたいです。

もうすぐ七夕。
今年は、スタッフからの提案でセンター入り口に大きな笹を用意しました。
ママたちが短冊に家族の健康や幸せの願いごとを書きこんで飾りつけました。

歩きはじめたアヤちゃん。ママと学生さんに見守られて、
さっそく新入りの手押し車で廊下をお散歩。
「ママ、みてみて、いいでしょ」という声がきこえてきそう。

はぐみぃは、保育者や教員を志望する学生たちの教育の場でもあります。
まだ抱っこの仕方がぎこちないけど、乳児さんに触れることができる貴重な体験。

1歳児さんは、なんでも口に入れて「もぐもぐ・ガチガチ」と感触遊び。

松浦さんのアイディアで小麦粉粘土から米ぬか粘土へ。「なんだかいつもと違う感触ね」

昨年は、お姉ちゃんが楽しんでいた制作コーナー。「今年は、わたしがママを独り占め!!」

絵本を読み合う親子さんの後ろ姿は、なんともあったかい。

「ぼくのカエル、見てごらんよぉ」「ふ~ん、ちっちゃいなぁ」

子どものあそびの発想は自由自在!踏み台を頭に乗せて「ママも~」「ボクも~」

7月は七夕。笹の葉をみんなで分かち合って、それぞれの願いごとが叶いますように。

今年度は、8月21日(火)にもはぐみぃを開催します。

 

(文責・加藤奈保美)

2018年7月5日

ドキュメンタリー映画「隣る人」上映会のお知らせ

この度、千代田区保育士養成校による子育て支援事業の一環として、
平成30年8月21日(火)10:30~12:00に児童臨床研究センターの
研修室にて「隣る人」を上映いたします。

この映画は、児童養護施設で「子どもたちと暮らす」ことを実践する
保育士と子どもたちの8年間の日常を描いたドキュメンタリー映像です。

参加対象者は、千代田区および近隣区で子育て中のお母さんと子どもたち、
保育士を目指す児童学科の学生さんです。

お子さんたちは、「子育てのつどい はぐみぃ」のスタッフが通常どおり
対応いたします。

夏の暑い日、涼みながらお子さんと一緒に映画を楽しんでみませんか。
参加希望の方は、氏名、住所、参加人数をjirinken@ml.otsuma.ac.jpまで
お送りください。よろしくお願い致します。

たくさんの親子さんのご応募をお待ちしております。

(文責:加藤奈保美)

ポスター(隣る人上映用H30)ダウンロードはこちらから

2018年7月5日

2018「子育てのつどい はぐみぃ」6月通信

今年は、梅雨入りが早そうですね。
大妻通りの紫陽花は、いま見頃を迎えています。

梅雨が来る前に、センターの研究協力員でもおられる、
むさしの自然塾の山崎誠先生にお願いしてセンター中庭の植栽を
2日間かけて行っていただきました。

日の当たらない中庭にどんな植物が生息できるかを山崎先生に相談したところ、
子どもたちにいろいろな形の葉っぱを楽しんでもらえるようにと、
ご自宅から多種類の野草をお持ちいただきました。
センターの中庭に人の手が加わったことで息が吹き込まれました。

まずは土の入れ替え作業から。
土を掘りおこして、小石を入れて水はけをよくしました。

名札も山崎先生の手作り。
それだけでも、なんともあったかいお庭になりました。

午前中、差し込む光と木の影の移ろいが美しい。
子どもたちは気づいているかな。

小麦粉と片栗粉を配合して作る粘土のむにゅむにゅ感が
子どもたちは大好き!

パパが育休をとって育児参加。
パパ「この時期の成長をいっしょに楽しみたいです」

ママとたっぷり遊んだあと、ひと部屋ごと顔を出してみんなにご挨拶。
満足な気持ちをいっぱい胸に抱えてお帰りするマモちゃん。

(文責:加藤奈保美)

2018年6月7日

大妻女子大学家政学部児童学科 50周年記念式典のお知らせ

このたび「いまを生きる子どもたちとのかかわりをめぐって」
というテーマで、大妻女子大学家政学部児童学科50周年記念式典を
開催することになりました。

詳細は下記の通りですので、皆様お誘いあわせのうえ、
ふるってご参加ください。(参加費:無料、託児所完備)

日時

2018年10月28日(日) 13:00~(受付)

場所

大妻女子大学 本館E棟055教室

オープニング (13:30~)

児童学科紹介映像
学科長挨拶(岡 健)

基調講演 (14:00~15:30)

個と関係性の発達を支援するコミュニティー実践(仮)
當眞千賀子 先生(九州大学)

司会:高橋ゆう子(児童臨床研究センター所長)

分科会 (15:45~17:00)

各分科会におきましては卒業生にパネラーを
お願いして話題を提供していただきます。
その後、担当教員とご参加いただく卒業生と
意見や情報の交換をさせていただきます。

A:保育園関係(田代 和美・池田 りな)
B:幼稚園関係(岡 健・久富 陽子)
C:小学校関係(高橋ゆう子・樺山 敏郎 )
D:施設関係(加藤 悦雄・林 明子)
E:子育て支援関係(小川 清美・加藤奈保美)
F:児童学科元教員との語り合い(中村 圭吾・金田 卓也)

託児にかんするお知らせ

  • 事前予約が必要です(当日の預かりはご遠慮願います)。
  • 託児は児童臨床研究センターで行います。託児の担当は、
    保育園の園長や先生方です。
  • 託児をお引き受けできる年齢と人数は、小学校3年生以下
    0歳児3~4名、1~3歳児10名、幼児・小学生10~12名、
    合わせて25名を上限とさせていただきます。
     (一家族、一名のお子さんに限らせていただきます。)
  • 託児を希望される方が多数の場合は、抽選とさせていただきますので、
    ご了承ください。
    結果につきましては、後日、改めてご連絡をさしあげます。
  • 託児の申込みは、式典参加申込フォームから託児申し込みフォームに移り、
    必要な事項を記入の上、申込みください。
  • 申込み締め切り日は、8月31日(金)までとさせていただきます。
    どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

式典参加申込みフォーム

児童学科50周年式典参加申し込みフォーム

◆◆◆お知らせ◆◆◆

今後、5300名の卒業生にご案内の葉書を発送予定です。
卒業時に登録したご住所やお名前にご変更がある場合は、
児童臨床研究センターHP【お問合せ】フォームまたは
FAX(03-5275-5252)で以下の項目についてお知らせくださいませ。

タイトル【50周年記念式典名簿修正】
・卒業年(例:2000年3月)
・お名前(旧姓)
・現在の住所
・メールアドレス(@の入力間違いがおおくなっております。必ず小文字でご入力下さい)
・ご職業
・お勤め先

ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
児童臨床研究センター

2018年5月19日

『南会津高原で昆虫採集・標本作りと天体観測を行う宿泊活動』 参加者募集のお知らせ

ねらい

星・天体と昆虫をテーマに、観察する力を養います。子どもたちが講師と共に自然観察方法を学び、
観察のポイントをつかむことによって、自分の力で考え、自宅や色々な場所での観察ができる能力を育てていきます。
活動は2泊3日の高原での観察となります。

対 象(参加資格)

小学校4年生~中学校3年生 30名(応募多数の場合には抽選となります。)

旅行代金(参加費)

一人15,000円
(宿泊代・食費・バス代、保険代、入園料、資料代を含みます)

含まれる食事は1日目夕食、2日目3食、3日目朝・昼の計6回です
(1日目の昼食はお弁当を持参下さい)

開催日

<事前説明会>

2018715日(日)17001800
保護者の方も必ずご参加ください。

活動場所

大妻女子大学千代田キャンパス 本館F棟6階634理科学実験室

<宿泊活動>

201881日(水)~83日(金) 23

活動場所

福島県南会津郡南会津町針生

 宿 泊

台鞍荘(だいくらそう)

〒967-0026 福島県南会津郡南会津町針生字鳥井戸1250

 電話0241-64-2008  Fax 0241-64-2845

活動内容

南会津高原に住む昆虫を調べる、高原での星空観察(天の川や夏の星座)、夜に活動する昆虫を調べる

<事後学習>

2018822日(水)16001800

活動場所

大妻女子大学千代田キャンパス本館F棟6階634理科学実験室

活動内容

標本整理・標本の返却

 

募集締切

2018年6月22日(金)当日消印有効

申し込み方法

「参加申込用紙」を表・裏ともご記入の上、下記申し込み先までご郵送ください。
応募多数の場合は抽選の上、7月初旬頃に結果を郵送にてお知らせいたします。
なお、ご兄弟、お友達とご一緒に参加をご希望されましても、
抽選等で配慮することはできかねますので、予めご了承ください。

【参加申込用紙】(クリックしてください。) 

送り先:〒204-0001 東京都清瀬市下宿2-419-1 (株)バスウェイ 旅行営業部 大妻女子大学申込み係

2018年5月19日

2018「子育てのつどい はぐみぃ」4,5月通信

今年度のはぐみぃは、水曜から火曜にお引越ししました。
その影響もあってか、4,5月に来室いただいた親子さんは10組前後。
新年度が始まり、まだ予定が確定していない親子さんも多いのでしょうか。

はぐみぃでは、決まったプログラムはありません。
お子さんが、その日の気分でやりたいことを、すきなように、
お友だちやお母さん、スタッフといっしょに思い思いの
時間を過ごす場がはぐみぃ。

今年度は、どんな親子さんに出会えるのか楽しみです。

今年度から新しくスタッフに加わった鷲尾昌子さん、
院生となった星野優芽さん。お二人とも笑顔があったかい。

今春も千葉産の小さなカエルさんたちがお出迎え
「えっ、何が入っているの?」

こ~んなに近くでカエルを見たの、はじめてだよね。

小麦粉粘土は初体験
「どうかな…」と心配そうにママが見守るなか

むぎゅーと握って、ベターっとした感触が
なんとも気持ちがいいわ~といった表情。

 

ママのお膝で飛行機!ママ、がんばっています!!


「触らせて~」と、思わず手が出ちゃう。

「さぁ~、どうするぅ~」と、乳児さんの反応をうかがう高橋先生


「わたし、これにする!」と意思表示。

わたしね、最近、寝返りができるようになったのよ。

ボールプールで、ひと足早い泳ぎの練習です。

白ひげをつけて、ぺったんぱったんに夢中です。

コップからお椀へ、何度も何度も入れ替えを繰り返す。

帰りの玄関先で、小躍りをはじめた2歳の男児たち。
見ているこちらもつられて笑っちゃう。

(文責 加藤奈保美)

2018年5月17日

平成30年度 特別支援教育支援員育成プログラム 受講生募集のお知らせ

大妻女子大学児童臨床研究センターでは、
地域の保育所・幼稚園・小学校における教育・保育を支援する
支援員育成プログラムの一つとして
「特別支援教育支援員育成プログラム」を開講致します。
ご関心がおありの方は、ぜひご応募ください。

特別支援教育支援員育成プログラム 受講生募集要項

大妻女子大学児童臨床研究センターでは、
地域の保育所・幼稚園・小学校における教育・保育を支援する
支援員育成プログラムの一つとして
「特別支援教育支援員育成プログラム」を開講致します。
つきましては、以下の内容にて受講生の募集を行いますので、
ご関心がおありの方は、ぜひご応募ください。

1.プログラムの趣旨

保育所や幼稚園、小学校で、特別な支援を必要とする子どもの保育や教育において、
現在支援員や補助員として勤務している方や興味のお持ちの方を対象に実施し、
その専門性を高めていくことを目的とします。

2.プログラムの内容

特別支援教育支援員育成プログラム内容

3.受講料(資料代込)

年間5,000円(学生は年間3,000円)

4.受講対象・受講人数

・千代田区及び隣接する区の特別支援教育に参加している支援員や補助員の方
・特別支援教育に関心のある方(教員免許、保育士資格、介護士資格等及びそれに類する研修修了者が望ましい)

計30名

5.募集期間

平成30年5月11日(金)締め切り

6.応募方法

以下の手順でご応募ください。

(1)下記内容を記載して、⑤に記載するメールアドレスから、jirinken@ml.otsuma.ac.jp
(ジリンケン@エムエル.オーツマ.エーシー.ジェーピー)宛にメールをするか、
支援員育成プログラムお申し込みフォームから直接申込をしてください。

件名:
【特別】受講希望

内容:
①氏名(ふりがな)
②所属
③職種
④郵便番号・住所・電話番号(書類を郵送する場合がございます)
⑤メールアドレス(必ず連絡のつくアドレスをご記入下さい)

(2)募集期間が終了後、受講が決定した方には「受講料振込先メール」をお送りいたします。

(注)
応募いただいた際のメールアドレスに“返信”をします。
上記メールアドレスからの受信ができるよう、メールの受信設定を必ずご確認下さい。

(3)「受講料振込先メール」に記載された振込先に、受講料をお振込み下さい。

(4)指定期間内に振込が完了された方に「受講決定通知」をメールにてお送りし、受講生として登録いたします。

7.選考方法

受講人数が定員数を超えた場合には抽選を行い、決定した方にのみ「受講料振込先メール」をお送りいたします。

8.応募先・問い合わせ

大妻女子大学家政学部 児童臨床研究センター
〒102-8357 東京都千代田区三番町12
TEL:03-5275-6129 FAX:03-5275-5252
E-Mail : jirinken@ml.otsuma.ac.jp

2018年4月22日